湯浅和海(ゆあさかずみ)

1984年東京生まれ。

幼少期に「クルクル回る」のが好きだったこともあり、小学校高学年の頃から中学にかけて、スポーツクラブの体操教室に通い、器械体操を練習する。

高校に入学してからはブレイクダンスを踊り始め、高校卒業後は東京スクールオブミュージック専門学校にてクラシックバレエやモダンダンスなどの稽古に明け暮れる。専門学校時代の恩師である舞踊家の櫻井郁也氏には、今に至るまで多大な影響を受け続けている。

2009年3月より、神戸にて内田樹師範の主宰する合氣道の道場に入門して稽古を始めるが、2017年7月をもって同道場を破門となり、以降はいかなる組織・団体にも所属せず、独自に稽古・研究を重ねる。

現在は、岡山県津山市の自宅にて、心と身体の道場「まんまる堂」を主宰しつつ、「全ての人がより活き活きと、本来の自分自身に根付いて生きられるように」との願いを込めて、人々にメッセージを伝えている。

好きな動物は猫、子どもの頃のヒーローはジャッキー・チェン。