物と戯れてみる(即興舞踊)

撮影日時 2015年4月2日(木)18時頃

撮影場所 コミスタこうべ302号室

使用楽曲 凍結の地(Histoire Original Sound Tracks)、荒芳樹作曲


今回は、椅子とかウレタンマットとか、レッスン中にいつも室内にある物を配置して踊ってみました。

ただ広い空間のなかで踊るより、何かしら物が置いてあるほうが、「動きの必然性」が絞られる氣がします。

「なんでもOK」という曖昧な感じが減って、「やっぱりここはこうだろ」という風に道が自然と定まる感じが出てくる。


人間というのは、選択可能な動線が多すぎると、かえって身動きが取れないものです。

他にも何か「あえて可能性を制限する仕掛け」を施すと、また面白くなっていくかもしれません。