【合氣道01/12】

・2016年1月12日(火) 合氣道@王子

この日は外部の道場からお二人が出稽古に来られました。

初めての方もいらしたので、少し様子を見ながら進行しました。

 

取り手は逆半身片手取りを稽古しました。

内容としては入り身投げ、四方投げ、一教、呼吸投げなど。

特に、入り身投げは「歩み足転換から」、「転換してから」、「入り身転換から」、と3種類の捌きで行いました。

それぞれにポイントが違うので、途中で何度か説明をはさみながら進めました。

 

歩み足転換の場合、最初に接触するとき相手の手を弾かないことが大事です。

相手がこちらの腕を掴みに来るときには、はっきりとした相手の身体の線が出ますから、それを嫌って横から弾くのではなく、むしろその線に乗っていく意識を持ちます。

足の捌きが身体になじんでくると、自然に相手の動線に身体が吸い寄せられるようになっていくので、難しく感じる場合にはスムーズに動けるようになるまで足捌きを稽古することをオススメします。

 

転換からの入り身投げでは、まずしっかり相手の陰(やや斜め後ろ)に入ります。

相手の手前の位置で転換をしてしまうと、隙だらけの背中を相手に晒すことになってしまうので、転換する位置は正確にしないといけません。

あと、途中の手の持ち替えは上丹田の前で行います。

持ち替えが上手くいかない場合、十中八九、位置が正中線からずれています。

やりにくい場合は、正しい位置で持ち替えを行っているかチェックしてみましょう。

 

最後、入り身転換の捌きは、とても同化しやすい入り方です。

ただし、相手に腕を掴まれてしまうと技が成り立たなくなってしまうので、自分から進んで場を作って捌いていくことがポイントになります。

相手に先を取られてしまうと、動線を塞がれてしまって、そもそも足を捌くことさえできなくなります。

全ての技に共通することではありますが、「自分から進んで動いていく」ということを、稽古の中で徹底して意識していきましょう。

 

とはいえ、私自身、引っ込み思案な性格で、「自分から動いていく」というのは実のところすごく苦手です。

でも、いつまでも相手に動いてもらうのを待っていては、次第に自分で自分を息苦しくしてしまいます。

幸い、稽古では失敗しても別に失うものはありませんから、少しずつでも「自分から動いていく」を試してみましょう。

 

次の記事へ

前の記事へ