一人稽古の会

最近、いろいろ事情があって自由に使える時間が一気に増えたので、新しく「一人稽古の会」というものを主宰することにしました。

これはその名の通り、「参加者それぞれが自分で取り組んでいるテーマをより深めるために稽古をする集まり」です。「ワークショップ」や「呼吸と瞑想のクラス」と違うところは、基本的に私のほうから「指導」ということをしないという点です。何かしらのメソッドを教えたり、全員一斉に同じワークをしてもらったりということは、必要が生じない限り、しません。その代わり、参加者が今現在取り組んでいるテーマについて、どう練習していったらいいかを一緒になって考えたり、具体的な進むべき道筋を参加者自身が発見できるようお手伝いしたりすることに、私は注力しようと思っています。

 

開催時間内であれば、いつ来て、いつ帰ってもOK。参加者自身の氣が乗る分だけ自由に稽古してもらって構わない、というスタンスです。もちろん、不必要に他の参加者へ迷惑をかける行為は慎んでもらいますが、原則として、舞踊か武道に関係のある練習であれば、何をやってもいい。

会場はそれなりに広いカーペット敷きの部屋なので、多少大きく動くこともできますし、対人練習をしたい場合には、私や他の参加者の協力を仰いでもいいでしょう。

以上のようなスタンスですので、参加費もカンパ制にしました。自由に好きな時間だけ自分の稽古をしてよいわけですから、中にはたとえ短い時間の参加であっても、「今日は本当にいい稽古ができたな」と思う人もいるでしょうし、長い時間参加していても「結局、ダラダラ続けていただけで特に収穫はなかった」と感じる人だっているでしょう。私のほうで「レッスン」という形にパッケージして何かを提供するわけではないので、「どういう過ごし方」をするかは、まるごと参加者自身の責任となります。それゆえ、「どういう時間を過ごしたか」ということを参加者それぞれに感じてもらって、その「自分が過ごした時間」に対して主宰者である私にいくら払うかについても参加者自身に判断してもらうほうが、金額をこっちで決めてしまうより、筋が通っていると思いました。それでカンパ制です。

ただ、まったく金額を設定しないと戸惑う人もいると思います。いちおう施設利用費の1,600円/一回(私が部屋を予約したときに払っています)を賄えるくらいお金が集まるとこちらとしては助かるので、いくら払ったらいいかわからない人は、それを目安にしてください。

 

ダンスでも武道でも、やはり大事なのは「一人稽古」だと思います。「みんなで集まってする稽古」というのは、「普段の一人稽古の成果」を確認するためのものでしかありません。他の人と一緒に稽古をすると、「自分の稽古」の進捗具合がよりはっきりとわかるので、「今後の一人稽古の方針」が立てやすくなります。そういう意味では、他の人と集まって稽古をするのは、「一人稽古の質」をより高めるためとも言えます。

私が今回新しく作った「一人稽古の会」も、「それぞれが自分のテーマにそって稽古をする」ということが趣旨ではありますが、やはりこれも「集まってする稽古」ではあります。ですので、参加者各自が、「今回参加することで自分はいったい何を試したいのか」とか「どういったテーマについてより考えを深めるきっかけを求めているのか」とかいったことをある程度明確に意識していないと、「何となく集まって、何となく稽古する」だけに終わってしまうことでしょう。特に、やる気のない人に対してまで身を乗り出して「指導」をするということを私のほうでは全然しないわけですから、目的意識が十分にないと十中八九「時間の無駄」になります。もちろん、「無駄に時間を過ごす」のもその人の自由ではありますが、それはこの会の主要な目的ではありません。

 

どうすればもっと「自分の稽古」を深めていけるのか。

そのきっかけを参加者それぞれがつかめる場にできたら、と私は思っています。

かく言う私自身も、「自分以外の人々がどういった目的意識で、何をテーマに生きているのか」ということに非常に興味があります。そういう意味では、「参加者それぞれが好きなように稽古をする場を主宰する」ということは、私自身にとっても意味のあることなのです。

 

ですので、別にダンスも武道も全くやったことのない人であっても、心や身体の使い方について興味を持っていたり、何かしらの工夫をして生活したりしている人なら、参加を歓迎いたします。

運動経験の有る無しにかかわらず、心と身体を持って生きているのはみんな同じなのですから、自分の心身が蔵する可能性に興味を持っている人であれば、それがよりいっそう開花するように、私にできる範囲でお手伝いをしたいと思っています。とはいえ、「手取り足取り教える」ということはしないつもりですから、そういう意味ではハードルが高いかもしれませんが、やる氣のある人となら、私は一緒にどうしたらいいかを考えていきたいです。

 

専用のページも作りましたので、興味のある人はそちらもご覧ください。

基本的に私のペースで気ままに開催するので、参加を希望される方は、自主性を持ちつつも、あまり肩肘張らず気軽にご参加ください。

では、よろしくお願いいたします。

 

次の記事へ

前の記事へ