「善悪」を見ずに「事実」を観る

私は前回の記事で、「自分の中に『満たされ無さ』を抱えている人は、多くの場合、自分の外側にある『娯楽』にふけることで、手っ取り早くそれを埋めようとする傾向がある」と書きました。

そして、「真に自分を満たす」ことは、当人が心から「やりたい」と思うことに打ち込むか、あるいは、自分やこの世界が存在するということの不思議さに驚き、その「奇跡」を深く味わうことによって可能になるのだと論じたのでした。

 

ところで、その前回の記事を読んだ人の中には、ひょっとすると「娯楽は『悪いもの』であって、それにふけるのは『悪い人間』だ」という風に私が主張しているかのように感じた方もいるかもしれません。それについて、少し付け加えて書いておきたいことがあります。

外から与えられるだけの「娯楽」によっては、私たちは自分の心を真に満たしてあげることはできません。しかし、「娯楽」によってしか自分を満たす方法を知らない人にとって、それは避けがたい「必要物」となっています。この点を考えないで、「娯楽は悪いものだ」と切って捨ててしまうと、現に「娯楽」を必要としている人たちは余計な罪悪感だけを背負い込むことになってしまいます。

「自分で自分を満たすことのできない人」には、どうしても多かれ少なかれ「娯楽」が必要です。少なくとも、今のところは。

そして、これは単なる「事実」であって、「善悪の問題」ではありません。「娯楽は悪い、だからそれを必要とする人間もまた悪い」と言って、「娯楽」にふけらざるを得ない状況に陥ってしまっている人に向かって、改心して「娯楽」をすぐさま全部捨てることを要求するとしたら、それは非人間的な態度だと私は思います。

たとえば、ある人が咳がどうしても止まらなくて医者にかかりに行ったとします。すると、いろいろ問診や検査をしてみた結果、「どうもこういうことが原因らしい」ということが医者の側にわかったとする。そうした場合、もし本当に患者が治ることを医者が願っているとしたら、医者自身の見立てに従って必要な治療を施すなり、患者に向かって「あなたはこれこれこういう病気にかかっていて、咳はその症状の一つである」と説明し、患者自身が治療のために生活の中で意識できることについての助言を与えたりするはずです。そうやって病状を説明することで、患者自身が「自分はこういう病気にかかっているから、それを悪化させないためにはあれは避けて、これをするのがいいのだ」と自分で納得して養生をするならば(そして、医者の側の見立てが間違っていないならば)、自然治癒力も速やかに発揮されるでしょうし、医者が施す専門的な治療にも効果が出やすいでしょう。

でも、もしここで医者の側が「病気というのはそもそも『悪い』ものであり、今こうして病気にかかっているあなたは『間違った生き方』をしている『悪い人間』なのだ」と言ったりしたら、どうなるでしょうか?

きっと患者の側は、それまでなかった罪悪感を新たに抱えることになるだけで、自発的に「自分の生活を改めよう」という気持ちにはならないと思います。

 

しかし、医者であれば普通はしないであろう、こういった見当はずれなことを、世の「説教家」たちはしているのです。

たとえば、ある人が何か間違いを犯す。思い違いをする。何度も同じ失敗をしてしまう。

すると、「説教家」たちはこういう現場を捕まえて、ここぞとばかりに「お説教」をします。

「どうして何度も間違いを犯すのか。それはあなたが愚かだからだ。あなたの生き方は間違っており、あなたは悪い人間だ」と言って、一方的に相手を責める。そうすると、言われた相手は「自分は悪い人間、間違った人間なのだ」という劣等感や罪悪感を抱くばかりで、「そのようなダメ人間である自分はきっとまた同じ失敗をするだろう」という不安感を根付かせることにもなりかねません。そして、不安になっている人や、失敗を恐れて怯えている人は、頭がうまく働かず、周りのことも見えなくなりやすいですから、必然的に同じような失敗を繰り返すことになりがちです。すると、またしても一方的に非難されて、ますます不安に、ますます怯えるようになっていく。

 

私の見るところ、「説教家」の人たちは、相手が自分自身の知恵と力を開花させて自然と変わっていくことを望んではおらず、むしろ相手を支配することを求めています。相手が自分のほんの一言によって縮み上がり、こちらのわずかな目の動きさえも気にかけて終始おろおろしていることを求めている。世の「説教家」たちは、「相手を変えようとしている」という表面的な見た目とは裏腹に、相手に自発的な変化を許さず、「物」のように固定して、その自由意志を挫こうとします。

それがどれほど他人の尊厳を踏みにじる暴力的な行為であるかということについて、「説教家」自身はたいへん無自覚です。むしろ、主観的には「善意で他人を導いている」とさえ思い込んでいます。

 

ここで重ねて言いますが、私は単に「説教家たちは『他人を支配したい』という欲望に取り憑かれている」という私の目から見た「病気の見立て」を述べているだけで、「だから『説教家』はこの世から撲滅すべきだ」というようなことは言っていません。

そもそも「説教家」たちが他人を支配したくなるのは、そうしないと恐くて仕方ないからです。人間は生物ですから、ほっておけばどんどん変化していきます。どう変化するかは個人個人の置かれた状況や、生まれ持った資質、内的な必然性などによって決定されるので、外側の誰か一人の力ではそれをコントロールすることができません。

そして、この「コントロール不能性」に耐えるだけの勇気を持てない人は、他人のことを「変化成長する一個の人間」として見ずに、「生きもしなければ変化もしないただのモノ」に変えようとします。それが「説教家」という病の「症状」なのです。

 

もしここで私が「説教家の生き方は間違っており、暴力的だ」と言って詰め寄って、無理やり相手に「改心」を迫ったりしたら、私のしていることは世の「説教家」と同じくらい暴力的です。

そんなことをしても、他人には他人の必然性があり、「変わるべきタイミング」があるのですから、それを無視して「自分の見立て」だけを押しつけても、相手は反発するか罪悪感を抱くか、どっちかにしかなりません。そして、「相手の反発を強めること」も「余計な罪悪感を植え付けること」も私の目的ではありませんから、私は「自分の見立て」を告げることが相手の自発的な変化の助けになると思ったときにしか、わざわざそれを相手に言ったりはしないことにしています。

 

究極的には、私たちには他人を真に変えることはできません。人は自分自身で「変わろう」と思ったときにしか変わらない。あるいは、「別にもう変わらなくてもいいや」と自分自身で納得したときに、必然的に変わっていきます。

ですから、本人以外の他人が外からできることは、相手が自力で変化するために必要な条件を整えてあげることと、相手が「新しい自分」に変わるための勇気を奮い起こせるように、そっと励ましてあげることだけです。

「相手の病を見立てる」ということは、こういった「数少ない外側からできる手助け」のうちの一つです。それは、自分の陥っている苦しみの原因がうまく見通せず、苦悩から抜け出すための道筋が見えなくなっている人に対して、「具体的に今自分は何をしたらいいのか」を明晰に考えるための、思考と実践の足場を提供することです。

でも、「病の見立て」が本当に役に立つためには、患者自身に「自分は病んでいるのだ」ということを事実としてきちんと受け止めるだけの心の準備ができていなければなりません。「あなたは病気にかかっており、それを治すためにはこういうことが必要になりますよ」といくら言っても、患者その人が「自分は病気なんかじゃない!人を侮辱するのも大概にしろ!」と言って聞く耳を持っていなければ、たとえ「見立て」が正しかったとしても、全く患者の役には立ちません。

 

私が「『娯楽』によっては誰も真の満足は得られないし、むしろ『娯楽』に過剰に依存することによって、多くの人が自分で自分の心を貧しくしてしまっている」と言うのは、「現代人の多くがかかっている病気」に対する私なりの「見立て」を述べているだけです。

私には「現に病気である人」を非難するつもりは毛頭なく、「自分は病気である」ということを事実として受け止める用意のある人にとって何か役に立つことを伝えたいと思って書いています。そして、私の「見立て」を、「善い」でも「悪い」でもなく、純粋に「事実」として受け止めることのできる人ならば、きっと私の言葉を何かしらのヒントにして、「自分の病」を克服するためにその人なりの「実践」を始めるだろうと信じています。

でも、私の書いていることを「医者の見立て」のように考えず、「道徳的なお説教」だと思っている人は、私の言葉をまるごと誤解してしまうことになるでしょう。

 

繰り返しますが、私は別に「『娯楽』に耽溺することは『悪い』ことだ」と言っているわけではありません。私はただ、「もしあなたが『満たされ無さ』に苦しんでいるとしたら、それはあなたが『いつか他人が自分の苦しみをなんとかしてくれるはずだ』と期待して待っているからだ」と言っているだけです。

「そんなことあるものか」と言って私の「見立て」に聞く耳を持たない人や、「別に病気のままでもいいよ、今のところそこまで苦しくもないし」と言う人に対しては、私のほうからできることは特にありません。でも、「自分はたしかに病気かもしれない」と思う人に対しては、多少は意味のあることができなくもないです。そういう人に対しては、私が虚心坦懐に世の中の人々を観察した結果見えてきた、私の目に映る「事実」をお伝えすることができます。

 

「事実」を伝えることに意味があると私が思うのは、そもそも私たち人間が「事実」しか変えることのできない存在だからです。

たとえば、もしも自分が「病気」であるならば、それを「事実」として直視することによってしか、「自身の病」を乗り越えることはできません。「自分は決して病気ではない、健康で健全な人間だ」といくら思っていても、「事実」のレベルで「病気」であるならば、「自分は既に健康だ」という考えはどこまでいっても「妄想」であり、「妄想」はいくら強化してもそれを乗り越えることができません。

実際、世の中には、自分に身体的麻痺があることに気づかず、自身の麻痺症状を無視したり否認したりする「病態失認」という症状も存在しています。身体的麻痺の「病態失認」は、脳などの中枢神経系が物理的に損傷されることで発生するようですが、そういった解剖学的な組織損傷がないのに「自分のありのままの姿」を認めようとしないという態度は、私たちの中に広く観察されるものです。そして、こういった「精神的な意味での病態失認」にある人は、自身の「病的な心の癖」を直視することを否認し続けることで、「病を乗り越えること」を自分で不可能にしてしまいます。というのも、「妄想」は「事実」として存在していないものに根ざしているので、そこにいくらアプローチしても何も乗り越えることができないからです。「妄想」を育てるのではなくて、自身の「妄想」によって隠されている「事実」を直視することによってしか、その人は「妄想」を乗り越えることができないのです。

 

しかし、これもまた私なりの「一つの見立て」に過ぎません。私は別に「妄想は悪い」と言っているわけではありませんし、「妄想を抱く人間は罪人だ」というようなことを主張したいわけでもありません。

私はただ、自分を本当に変えようと思ったら、「ありのままの事実」を直視することから始めるしかないと言っているのです。というのも、「ありのままに見つめた事実」しか私たちには変えることができないからです。「現に病気である人」にとって、「完全に健康な自分」という観念は、どこにも実在していない「理想像」に過ぎません。「そもそも存在しないもの」は私たちには変えようがない。「『存在しないもの』だからこそ、いくらでも変えられる」と言う人もいるかもしれないですけれど、どこにも存在していない「理想」や「夢」ばかりコロコロ取り替えて、「事実」のレベルで当人は全く人間的に成長していないという例にはいくらでもお目にかかれます。そういうことを続けていても、本当の意味での「深い変化」はまるで起こらないのです。

 

問題は、どうやって人々の心から「罪悪感」を取り除くかということです。

多くの教師達の「善意」によって、幼い頃から私たちの潜在意識に植え付けられてきた罪悪感を、どうやって「事実」のレベルで直視し、一つずつ丁寧に浄化していくか。それこそが、私たちが「自分の事実」と向き合う際の重要な課題となります。

というのも、もし自分の内側を見つめたとき、そこに「怒り」や「貪欲」や「卑劣さ」があったりすると、私たちはついついそれを見なかったことにしようとするからです。そういったものが自分の中にあるとは認めようとしない。これこそまさに私が言う意味での「精神的な病態失認」であり、「事実」を無視して「理想」や「妄想」を育むことです。

でも、私たちがそうやって「事実」を無理やり抑圧してしまうのは、幼い頃から「怒るな」「貪るな」「卑怯なことをするな」と言われ続けてきたからです。「怒り」や「貪欲」や「卑劣さ」が自分の中に「事実」として存在しているときに、まわりの大人達が「そういうものが在ってはならない」と言ってきたからです。そんなことを言われたって、「事実として在るもの」をいきなりなくすことなんて誰にもできません。できるのは「まるで無いかのように振る舞うこと」、つまり「抑圧すること」だけです。

これこそが、私たちの「精神的な病態失認」の病根です。問題は自分の内側に染み込んでいる「罪悪感」であり、もしも「自分のありのままの姿」を見つめたいなら、たとえ「怒り」や「貪欲」や「卑劣さ」が自分の中に見つかっても、そのことで自分自身を決して罪悪視しないことが肝要となります。「怒り」や「貪欲」や「卑劣さ」が自分の中に存在するのには、それなりの理由があるのです。それらは全て必然性があって存在しています。もしこの「必然性」を否定してしまうと、私たちには自分の「怒り」も「貪欲」も「卑劣さ」も変えることができなくなってしまいます。というのも、抑圧したものは決して乗り越えられないからです。「善い」でも「悪い」でもなく、ただただ「事実」として直視し、光を当てて理解することによってしか、私たちはそれを乗り越えることができません。

 

それゆえ、人を教え導く人の本当の仕事は、「いかにして生徒に罪悪感を抱かせずに当人の内なる事実性と直面させるか」ということになります。というのも、人は「自分自身で直面した事実」からしか自分を変えることはできないし、「自分の事実」とちゃんと直面するためには、自分の存在を過剰に罪悪視も正当化もしないような「透明な態度」がどうしても必要になるからです。

しかし、この点のおいて、世の中の多くの教師達は、むしろその反対のことをしています。生徒の「事実」としての在り方を否定し、相手の中により多くの罪悪感を根付かせ、生徒自身の生命力を縮こまらせている。そんなことばかり続けていたら、生徒は外から与えられた規則に怯えながら従うだけの「骨なし」になるか、外から与えられた規則を意図的に破ってばかりの「規律のない人間」になるか、どちらかです。

「怒りは醜いから怒りたくない、貪るのは卑しいからしたくない、卑劣さは自分の命の力を十分に働かせなくなるから、できることなら勇敢でありたい」と、他人から言われるまでもなく自発的に思うほどに「自己規律の確立した人間」を育てるためには、考え無しに行われる「押しつけがましいお説教」は百害あって一利無しです。

 

それゆえ、私はできることなら「お説教」はしたくないと思っています。

それでも時々「説教くさいこと」を言ったり書いたりしてしまうことがあります。

そして、そういう自分の振るまいに気づく度に、「もっと成長しなければ」と私はいつも思います。

 

前の記事へ

次の記事へ