道場ができました

約二ヶ月前から一人でコツコツと自作していた道場が、先日、ついに完成しました。

近所の製材所と近所の畳屋さんからそれぞれ良質な素材を提供してもらい、拙い日曜大工でトンテンカンテン作りました。

畳のスペースは14畳、荷物置き場などに利用できる板間のスペースが3畳分くらいあります。向こうの引き戸からは近隣の田畑や遠方の山々が一望でき、見晴らしは良好です。

 

道場の名前は、妻の発案で「まんまる堂」に決まりました。「丸」というのは、私の名前である湯浅和海の「和」のイメージでもあります。「角がない感じ」です。

私自身は「角が全く無いよりは、どこか一点だけでもとんがっていたい」と考えている人間なのですが、今後、PLATFORMに外から人々が立ち寄る拠点としては、「和」のイメージが合っていると思いました。

 

道場が完成したので、近所のご家族で「子どもに合氣道を習わせてみたい」と言っておられた方に、「道場ができました」と報告に行き、いつでも稽古が可能な旨を伝えました。すると、「さっそくやらせてみたい」というお返事をいただいたので、その子のために、ひとまず合氣道のクラスを新しく立ち上げることになりました。『合氣道まんまる堂  少年部』の開設です。

一応このホームページにも詳細案内のページを作りましたが、子どもは大人のように遠方から通うのが難しいので、情報の発信については、ネット中心ではなく、近隣の方にチラシを配りつつクチコミで伝わっていくのを期待しようかと思います。

 

今後は大人向けのワークショップなども、「まんまる堂」でおこなっていく予定です。

大人対象の定期クラスも「やりたい」という人がいれば作るかもしれませんが、今のところは需要がなさそうなので、当面は自分の稽古だけして過ごそうと思います。

 

次の記事へ

前の記事へ